« レジェンディアプレイ日記 | トップページ | クラウドとティファ、ヴェネチアで「FFVIIAC」を語る »

2005年9月 4日 (日)

「FFVII AC」開発者はかく語りき

ああ~もう読めば読むほど凄いよ、FF7☆

空気感…確かにFF7ACは見るシーン見るシーンいい色してますよね☆光加減が絶妙。芝居で照明スタッフをやることが多い自分は光にすごく興味があるんです。3Dになると、急に原色原色しちゃうゲームってあるじゃないですか(テイルズオブシンフォニアとかね。最初あのおもちゃめいた雰囲気が駄目で世界に入れなかったの)。でもFF7ACはそうじゃないんですよ! 世界の荒廃した部分とか、凄くリアルな空気として伝わってくるの。それってやっぱり世界を包む色の力が強いんですよね。ううん、早くその空気を満喫したいわっ!

そして剣劇~! 殺陣って大好きなんですよ! スターウォーズってライトセイバーのチャンバラが特徴的じゃないですか。でも、あの殺陣のクオリティの低さが、逆にテンション下がると思ってたんですよね…。子どもが棒切れ振り回してるような感じ。もっと形を身につけてそれっぽくやって欲しいな~と思ってたので、『「スター・ウォーズEPIII」をもはるかに凌ぐ剣劇シーン』ってのはかなり気になります。わくわく。

うう~、あと10日~…待ち遠しい限りだわっ!

リンク: ITmedia D Games:「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」について開発者はかく語りき.

|

« レジェンディアプレイ日記 | トップページ | クラウドとティファ、ヴェネチアで「FFVIIAC」を語る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129277/5783667

この記事へのトラックバック一覧です: 「FFVII AC」開発者はかく語りき:

« レジェンディアプレイ日記 | トップページ | クラウドとティファ、ヴェネチアで「FFVIIAC」を語る »