« 投票率が… | トップページ | OVA『鴉 -KARAS-』PV »

2005年9月11日 (日)

『チャーリーとチョコレート工場』見てきたよ!

行ってきました~! 見てきました~! ジョニー!!…じゃなくて『チャーリーとチョコレート工場』☆★

いやぁ…初日に行ってきちゃったよ☆愛ゆえね★…って私の愛なんてどうでもいいか。感想いってみよー!(1回で書き切れるかな? いろいろありすぎて書きもらしそうだな…)

なんつってもジョニー・デップ! なぜに40男があんな純な子どものような表情ができるのか…。もうたまらん。最後の「断られるなんて考えてなかった」のシーンのあのまずいことをしちゃった後の子どものような顔とか、「ひとりでなんか行けない」ってシーンのあのこれみよがしな感じとか、あぁ、もう、くそっ、かわいいっ!!(相手は42だぞ)

ジョニーの演じるウィリー・ウォンカ氏は、見てのとおりトリッキーな方なんですけど、まあ言っちゃえば変人なんですけど(オイ。あ、でも、褒め言葉ね)、なんであんなになっちゃったのかっつーと、過去にイロイロあったわけですね。(この辺は見てくださいね) そのイロイロのせいで大人になりきれてない。ストーリーの中にウォンカの遊び心やいたずら心がふんだんに盛り込まれてるわけですが、それが映画の雰囲気を明るくしてると同時に、影を漂わせてる。ウォンカの行動は、道徳観念の完成しきってない未熟な子どもを思わせる。それが奇妙でちょっと切ない。笑顔は純粋な子どもみたいに満面なんだけど、でも張り付いた作り笑顔にも見える。で、笑顔の次の瞬間ひどく凍りついたような顔をする。毎回ジョニーには、瞬間的な表情の変化のうまさに唸らされるけど、今回も最高です☆

でもって次! 奇才ティム・バートン! もう画面全体からやりたい放題感が伝わってくるよね☆

チャーリーの家が写った瞬間、「めっちゃ傾いてるー!!」思わずつっこみそうになったよ…。そちゃムリだろってくらい傾いてるわけですよ。その中では生活できないだろってかそれはもう建ってられないだろ、みたいな。もう貧しさをこれでもかってまでに押し出してる。だけどちょっとコミカル。ドアも傾いてるから、ノブを捻るとドアが重力に従って勝手に開いちゃうのね。だからドアを閉めようとすると、ドアを持ち上げるようにしなきゃいけないわけ。で、子どものチャーリーにはちょっとそれが重そうなんだけど、もう家族的にはそれが日常になっちゃってて誰もなんとも思ってない感じとかいちいち面白い。ああ、もう細かいなあ!みたいな。…好きだ…。

あ、ちなみにクルミ割りのリスは半年かけて100ぴきのリスを調教したらしいですよ! 確かにリスはクルミむいたら食べちゃうもんな…食べずに放すなんてなんて賢いリスなんだ。そしてそこまでしちゃうティムやっぱり天才。見てる側には分からない影の努力がすごすぎだって。

チャーリー役のフレディ・ハイモア君。ああ、相変わらずかわいいっす。ジョニーと違って普通にかわいいっす。(笑) 衣装がたまらん。ちょっと短いズボンがかわいい。でも、同時に切ないんだな、家庭事情が垣間見えるからさ。

チャーリーはほんとにいい子なの! 貧しいけどさ、家族思いなんだよ。ゴールデンチケット手に入れたあと彼がどうするかって言ったら…ああ、なんていい子なんだ!(あ、この辺も見てくださいね) や、ストーリーとしては王道なんだけどさ、王道なんだけど泣けるのよ。これはフレディの表情と、結局みんな王道が大好きってことを分かってる原作者&ティムの技ですな☆

その他、チャーリーと家族の関係はすごく泣ける。家族はテーマだからね! いいシーンがたくさんあるのよ。貧しいゆえにチョコレートは誕生日に、年に1枚だけとか、切ないのに、家族がさ、すごく幸せそうな顔するんだよ。チャーリーが喜ぶのが嬉しくて、一枚の板チョコを買ってくる両親の顔!(しかもチョコがちゃんとラッピングされてるんだよ) ゴールデンチケットを期待してチョコの包装を破くチャーリーとそれを見守る両親と両祖父母。(父方・母方両方の祖父母がいるってのがまたいいよな~) みんながドキドキしてるその空気がいいんだよな。

もう涙腺熱くなるシーンがたくさんあります。子ども向けとか思うなかれ、こういうシーンは大人の方が感動すると思うよ。ってわけで親子で見に行くのに最適! 大人も子どもも楽しめる感じ☆

あ、個人的にはWじいちゃんがいい感じです! 2人ともキャラが立ってて、それがいいのよ。片方の祖父母だけしかいなかったら、この味はでないなぁと思います。

あ、キャラ立ちしてるといえば、チャーリー以外の4人の子どもたち。みんないい感じに醜いのな☆大変面白いです。君らがいなきゃこの話成り立たないから! 名ワキ役たちですよ~…。みんないい顔するんだ、これが…。かわいくないけどかわいいっ!!

そして最高のキャラ! ウンパ・ルンパ! ひとりで何役やったんだろう…お疲れ様ですっ!! もう画面が彼の顔で埋め尽くされる度に笑いがこみ上げてきて大変でした。で、歌とダンスがイケ過ぎ。このミュージカル的要素もこの作品の魅力かな。サントラ超欲しい~! ていうかウンパ・ルンパ1人欲しい~☆私もカウンセリングして。

ああ~、もう書いても書いても書きたりん! まあ要はよかったよってことなんですけどね! 笑えて泣けて子どもからお年寄りまで楽しめる作品です。ハリーポッター超えるよ! だってハリーは若者しか楽しめなさそうじゃん? イギリスの子どもよ、好きな本第3位と言わず第1位にしなさいよ。なんて。ま、ブラックなところもあるけどね、私としては毒の微妙なハリポタよりはこちらが好みです。(や、ハリポタも駄目じゃないよ、次も見に行くよ)

予告見た時は「あんまりだな~」と思ってたけど、新聞の評価がやたらいいから「あらら?」と思って、見てみたら本当最高だったよ! 父親も激褒めだったしね! みんな見に行くべし! ちなみに私はもう1回友達と見に行きます!(一緒に行く約束してたんだけど、初日に我慢できずに家族と行ってしまった私。あわわ)

ティム×ジョニー天才!

|

« 投票率が… | トップページ | OVA『鴉 -KARAS-』PV »

コメント

初めまして、トラックバックありがとうございます。
強引に誘われて出かけたのですが、すっかりウンパ・ルンパのとりこに(笑)素敵な映画でした(^^

投稿: 茶碗 | 2005年9月14日 (水) 01:19

コメントありがとうございますっ☆
私もウンパ・ルンパには魅了されてやみません…あの無表情が頭から離れないよ~。
多くの人にあの魅力に触れてもらいたいものですね♪

投稿: ■Talk・ee-Talk・ee*■ | 2005年9月14日 (水) 09:32

 はじめまして。すごいエネルギーで書いていますね。それだけインパクトのある映画ですからね、不自然ではないのですが。ティム・バートンのやりたい放題。そうですね。でも、想像力の豊かさに驚かされます。

投稿: 京野菜 | 2005年9月24日 (土) 21:48

コメントありがとうございます。
観て来た直後に勢いにまかせて書いたもので、いやはやお恥ずかしいです…。私のは単にティム×ジョニー映画が好きってだけのあまり参考にならない文章ですね。あはは。
28日にもう一度友達と見てきます~。次はもうちょい冷静な感想が書けると良いのですが…。

投稿: ■Talk・ee-Talk・ee*■ | 2005年9月26日 (月) 12:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129277/5892565

この記事へのトラックバック一覧です: 『チャーリーとチョコレート工場』見てきたよ!:

» ★「チャーリーとチョコレート工場」 [ひらりん的映画ブログ]
公開初日のナイトショウ(0:15〜)で観てきました。 夜中だっていうのに、ほぼ満員。 さすがチネチッタ川崎? さすがジョニー・デップ? それともティム・バートン監督? こんなにナイトで賑わっていたのは「SWEP3シスの復讐」以来だね。 原題は「CHARLIE AND THE CHOCOLATE FACTORY」。 2005年製作のファンタジック・コメディ、115分もの。 あらすじ 世界一のチョコレート工場が子�... [続きを読む]

受信: 2005年9月11日 (日) 21:19

» チョコレート工場をもっと見たかったな [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 先週「シンデレラマン」を観に行った際、シネコン「MOVIX京都」の窓口付近で係員が「『チャーリーとチョコレート工場』は後3つしか席が残っていませんよ」と大きな声を張り上げていた。その時点でまったく予備知識なし(情報収集意欲なし)。ただきっと、面白い映画....... [続きを読む]

受信: 2005年9月24日 (土) 21:46

« 投票率が… | トップページ | OVA『鴉 -KARAS-』PV »