« 全国一斉!日本語テスト~★ | トップページ | 本家更新です。 »

2006年2月 1日 (水)

『銀色の髪のアギト』観て来ました★

先週に続いて勝地君ムービー☆(なんだそりゃ)

だけどごめん、今回も辛口で行かせて頂きます♪

えーと、どうしちゃったの? GONZOさん?

GONZOってクオリティ高いの売りじゃなかったの? しょうじき視覚★★なんですけど。

なぜかといいますと。

背景はすごくよかった。背景美術だけなら★★★★★。破壊された都市に植物が侵食してる感じ超良かったです。森も色合いが凄く綺麗。ただの緑じゃないんだよ! 語彙がないのでうまく説明できないけど、幻想的だった! 世界観丁寧に表してたと思います。最初のアギトの家最高☆ 空中に浮いてるみたいで不思議な感じ。あのはしごとか無理だろって感じだけど、ちょっと無理なくらいでアリだな~と思いました。

と、べた褒めしてみたけれど。

けれどさ、人物がさ、ありえん。人物については★です。何、なんでそんないろいろ狂ってんの? 顔崩れるし、腕の太さ変化するし。迫力のための歪みじゃなくて、作画の荒さゆえの歪みだったよね? 

なんのために緒方剛志さんをキャラデザに起用したんでしょう? ぜんぜん彼の絵の魅力が引き出せてなかった。緒方さんの絵って、まず、キャラクターの表情が魅力だとおもうんです。一見無表情なのに、その心中に深いものを感じるキャラクターの表情っていうのかな。緒方さんの描く鬱な表情大好きです。(笑)

なのに、全然その顔してくれないの。魅力的な表情が見られなかった。ていうか顔崩れてたんで、表情以前の問題だったんですね…。

あと、もうひとつ緒方さんの絵の魅力。あの色。いい具合の中間色使いますよね。とくに陰の部分。

だけど、セル画(…って言わないのかな、もう)になるとやっぱりその色は再現できなかった。しょうがないけどね。けど、ううん…銀色の髪の方々の髪が主線のせいでヅラっぽく見えるのはいかがなものかと…。あと、キャラクターの影をくっきりさせなかったのは意図的なんだと思うけど、逆に初めてパソコンでイラスト描いた同人作家の絵に似た感じになってて良くなかったよ…。

…ああ、なんかまるでフォローのない書き方で読む人不快にさせちゃいそうだな…ごめんなさい。

キャラクターの動きは動的でよかったといえばよかった。けど、それで他の部分が許せるほどじゃないんだよな。

背景が綺麗なだけにキャラクターがちょっと浮いちゃうのも残念だった。

で、3Dメカたち。サビ具合とかいい色でした。3Dで陥りがちの軽さもあんまりなかったし。けど、FFとか見慣れちゃってるんで、まあ、そんな「おおー」ってほどでもなかった。

で、何が問題って、3D部分と2D部分の調和が取れてないことね。3Dがバックにあると、キャラクターが超浮いて見える。作り手側の事情って感じでお客さん覚めちゃいます。世界に引き込んでほしかったな。調和とれないなら無理しないでほしかったな。

と、いうことで、結論からすると諸悪の根源はキャラクターの作画の荒さだったわけですな。人物の出てないシーンは大変綺麗です。引き込まれます。OPの龍のシーンは凄かった! 容赦ないスピード感がド迫力! 映像と音楽に圧されて、OPで泣きそうになりましたよ~。砕けた月、ありきたりだけどカッコイイ!

さてさて次に役者さんについて。こちらも残念★★。

サイドバーにも書きましたが、私は話題性のために声専門でない役者さんを起用するのは反対派です。

それは声優ファンだからだろ、と思われるかもしれませんが、それを差し引いてもちゃんと理由はある。

声専門の役者じゃない人って、マイクの前に立つと100%の演技できないじゃないですか。どうしてNANAだと痛切な叫びが出来たあおいちゃんが、マイクの前に立つと途端にエネルギー激減なの? それって世界に入り込めてないからじゃない?って思ってしまう。マイクの前に立ってその場から動かないで、許される動きはせいぜい身振りくらいっていう特殊な空間だと、舞台や映像の役者さんたちはいつもなら出せる力を出し切れないんじゃないかなぁ。それでがっかりさせられる。言葉悪いけど、ぬるいって思ってしまう。だったらマイクの前で100%の芝居が出来る声専門の役者がやった方がいい。

で、今回は作画がビミョウだったから、キャラクターの表情はアテにならなかったわけですよ、するとキャラクターの魅力を引き出せるのは役者さんしかいないじゃないですか。だけど役者さんは力を出し切れてない。すごく煮え切らない感じだった。

ラストの方とかもっと胸にくるシーンにできたと思うんだよね。あおいちゃん、木になっちゃったアギトを見たときの心の動きをもっと声に乗せてよ。勝地君、「トゥーラー!!」の叫びが弱すぎ。息抜けすぎ。こっちもいろいろ抜けるっつーの。

や、あおいちゃんも勝地君も好きなんですよ。

あおいちゃんの声がアニメーションに乗っかってるのは「魔法遣い」思い出してちょっと嬉しかった。

勝地君は力入れなきゃいけない演技以外のところは好き。「分からないよ…」とか何かむだに色っぽいし。(オイ) 実は結構アニメ声だし。

だけど、うーん、エネルギー不足だったね。

俳優さんを声優に起用したときにありがちな、滑舌ピンチって状況は今回なかったけど、それだけじゃあ足りないんだな。

他の役のキャスティングもどうして?ってのが多かったかな。

シュナックは、直前にみたサイレンの予告を思い出さずにはいられなかった。あの人の声はなんか予告のイメージが強くて、「いきなりなんかナレーション入った!?」と最初びっくりしてしまいました。

カインは…どうして濱口なんでしょうね。や、濱口好きだけど…けど声優にしなくていいだろ。特に面白いことやってくれたわけじゃないし。ここは人気声優使ってくポジションだと思うけどなぁ…。逆にその方が集客力ありそう。キャラ的に関智一さんとかって感じ。ミンカが声優さんなんだからいいじゃん。南さんは安心して見れました~。

ベールイとゼールイももう一歩って感じだったな。高い少女の声で不思議感を出そうっていうのは王道でいいと思うんだけど、深みがもうちょい足りんかった。無理してる感じがした。ていうかあの2人声誰だったんだっけ? チェックしわすれたー。

はい、役者さんに関してはここまでにして、次、脚本について。

自然をテーマにしたのは良かったし、それに応える背景画だったと思う。

だけど、その分人物1人1人の感情の描き方がいまいちだった。

アギトがそこまでトゥーラを助けたいと思う理由が分からない。強化体になると決意するのも説得力が弱い。

多分現代人の私達が感情移入しやすかったのはトゥーラだったんだろうけど、彼女の感情の描き方も足りない。のらりくらりな感じに見えた。彼女が何を望み、アギトとかアガシとかシュナックとかと触れ合う中でどう変わったのか、もっとしっかり見たかった。いろんな衝撃的なものを目にした時の表情も見たかった。どうして「私を一人にしないで」なのかももっと知りたかった。

そうそう、ミンカ似の友達は必要だったんですかね? ミンカ見たときにトゥーラ大した反応してなかった気がするんだけど。伏線必要なのでは?

カインとミンカの存在意義もあんまり感じない。ミンカはラグナの人にトゥーラの居所を教えちゃうだけの存在か? サブキャラなりの感情見たかったなぁ…もうちょっと時間長くなってもいいから。ミンカはアギトのこと好きだったんですよね。ってことはほら、もっとドラマチックになりそじゃない? 

シュナックの長年の思いも突然出てきた感じ。これも伏線伏線。でもって森と同化したらすぐすっきりってのも納得いかないぞっと。

森の思いも弱いかなぁ。(や、彼らは人じゃないけどさ…) ベールイとゼールイがあっさりアギトの手助けをしてくれた印象だったんだけど。ゾルイドは不気味でいい存在感あったけどね★

最後にいきつくところが、命とか繋がりとか、ちょっと超越したところなので、それまでにいろいろ葛藤があった方が説得力あったかも。

て批判ばっかり書いてて私やっぱりやなヤツって感じだな。

えっと、アガシの登場を引っ張ったのはよかった! 頑なに画面に映さない序盤はいい具合に期待を高まらせてくれました♪ ただ、であった時のトゥーラの反応がちょっと軽かったからね…。そして、あのシーンもっと間があってよかったよね。お父ちゃんさくさく話始めちゃうし、ちょっと軽いシーンになっちゃってたね。残念! アガシの死(死ではないのかな?)ももうちょっと時間使って見せてほしかったなー。

…ってそうですよ、お父ちゃん好きですよ! あはは。

はーい、長々と書きまくってますね~。ではでは最後、聴覚!

KOKIAさんて何者ですか!?

主題歌超良かったですー! OPで泣きそうになりましたー!

歌激ウマです。声の安定感ハンパない。そして歌声に表情がある。綺麗なだけじゃないんだな。本編中の曲はまぁ普通だったんですけど、主題歌がごっつい良かったので★★★★です~。

…さてさて、書きたいこと書ききったかな? すみません、長くて…。ここまで読んでくれた方いるかわからないけど、お疲れ様でした…。

これだーっていうアニメーション映画を観たいです。GONZOさん、ブレイブストーリーは期待してますよ!

リンク:銀色の髪のアギト

|

« 全国一斉!日本語テスト~★ | トップページ | 本家更新です。 »

コメント

はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます♪

自分、KOKIAさんが超好きで是非他の曲も聞いてもらいたいと
思わずカキコしてます(^-^)

なんと、KOKIAさんのアルバムが今日リリースされました!
もちろんアギトの主題歌の愛のメロディーも入ってます。
「Power of smile」とかならきっと耳にしたこともあると思うので
これを機会に是非KOKIAさんの歌声を楽しんでいただけたら
と思います。
下のホームページで試聴ができるので
よかったら聞いてみてください。
ttp://www.jvcmusic.co.jp/kokia/

投稿: おこじょ | 2006年2月 2日 (木) 00:01

はじめましてー★ コメントありがとうございます♪

早速公式サイト行って参りました!
いいんですかね!? あんなに試聴大放出でいいんですかね?? ほくほくです~。
「The Power of Smile」は聴いた事ありました! あ、CMのって! 知らない人いないですよね。
ていうか、アギトのOP「調和」のイメージが強かったので、いろんな歌い方出来るんだな~ってびっくりしました。表現力すごい~。
「調和」とはまた違う感じで「so much love for you」がお気に入りです~♪

みなさまも是非聞いてみてください~。
http://www.jvcmusic.co.jp/kokia/

投稿: ■Talk・ee-Talk・ee*■ | 2006年2月 2日 (木) 19:58

 一言一言パンチが効いてて面白かったです。たしかにちょっとながかったけどw 
 GONZOって最近、絵に関してはクオリティが落ちてます。カレイドスコープとかソルティレイとか、ブラックキャットなんて脚本も最悪。GONZO事業拡大しすぎで大変なんじゃないですか? アクエリオンはまあボチボチ。CGに関しては、今のアニメ業界ではそれなりに名前が売れていると思うんですが、他は惨敗ですね。
 サムライ7、岩窟王、青の6号、ヴァンドレッド。時間はかかったけど、確実にうまいイラストレイターさんを使ってきたのに本当に残念です。
 緒方さんの絵、私も大好きです。上遠野さんの作品でであって以来、いつも安心してみることのできるイラストの一つです。そういえばブギーポップのアニメの絵も、結構悲惨だったし難しいのかな。見ていないけど。
 アニメと漫画。比べずにすむ方法は、もちろんイラストも大切ですが、私は脚本だとも思います。絵が気に入らずとも、内容がよければ多少はついていけます。サムライ7は、途中からタッチが荒いけど良かったし。(ひょっとして演出?)でもま、かくゆう私もイラストでアニメを選んでしまうほうですが(汗)

投稿: | 2006年4月13日 (木) 19:49

あわわ、長いの読んでくださったんですねっ。お、お疲れ様でした~!!
やっぱ最近GONZOクオリティ落ちてますよねー…。ソルティレイもブラックキャットも最初気になってチェックはしてみたんですけど、オフィシャルサイトの絵見た時点で、見る気が激減しました…。
絵さえきれいならそれでいいってわけじゃないですけどね。ストーリーがよければ、見てくうちに面白くなるってのもあるんですが、やっぱり第一印象は見た目になっちゃうっ。
いかんなぁ。それで逃してるいいアニメあるんだろうな。。
ブギーポップもアニメ化したら悲惨でしたねぇ…あのアニメはスガシカオの主題歌がステキだったことしか覚えてないです。(笑)

投稿: ■Talk・ee-Talk・ee*■ | 2006年4月19日 (水) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129277/8453459

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀色の髪のアギト』観て来ました★:

« 全国一斉!日本語テスト~★ | トップページ | 本家更新です。 »