« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

「テイルズオブファンダム Vol.2」ですってね。

テイルズチャンネルで予告されてた「あの作品の続編」って、ファンダムだったんですね…。

ファンダム自体はそこまで嫌いじゃなかったんで、Vol.2発売決定は反対じゃないんですけど…

なんだそのクオリティの低さ。

ファンディスク…てことはテイルズファンが買うもの。で、テイルズファンて結構キャラもの好きが多いはず。ならばキャラクターデザインは忠実にすべきなんじゃなかろうか…。

女の子が肉厚だよー…。藤島キャラは女の子みんな細いじゃん。体重設定が。(笑)(いのまたキャラは見た目細いけど体重はけっこう普通だったりする。男女の差だなぁ…。)

なんか、藤島康介氏に失礼…な、感じ…??

うぅーん、やっぱりテイルズシリーズは人気が出てきたのをいいことに、乱発することを優先してクオリティ下げてるよなぁ…。エターニアまでの謙虚な姿勢が懐かしい…。

実は、「あの作品の続編」ってことで、

エターニアか!?

と、ちょっとばかし期待してしまったのは事実…。

ま、無理ですよ、ねー…。残念っ。

せめてファンダムはシナリオにドラマCDの金月先生を起用して、話だけでも感動できるようにしてほしいですね…。

リンク:テイルズオブファンダム Vol.2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

NHK受信料義務化ってね…

NHK受信料について、やっぱり見ない人は義務化反対らしいですね。

特に若年層に見ない人で且つ義務化に反対の人が多いんだとか。

リンク:asahi.com - NHK受信料義務化 本社調査

…まぁなんていうか妥当な結果だとも思うけれど。

で、生活苦しかったら受信料なんて払ってられるかと思うのも妥当だと思うけど。

とりあえず、NHK見ろよ、若者。

最近自分がNHKはまってるだけにそう思う。

堅苦しくて面白くないイメージあるのかもしれないけど、選んで見れば結構面白い番組やってるぜ、NHK。教育啓発系の番組は質が高いんじゃないかと思うのだけれど。

受信料もらってるからこその責任感で質の高い番組作ってもらうようにしたらいいじゃない、と思います。

それに、スポンサーからお金をもらってる民放は、どうしたってスポンサーに不利になることは報道できなくなっちゃうから、国民が支えるNHKって局はないとマズイんじゃないかなぁ…その辺は良くは分からないけどさ。

なーんて。

で、最近はまってるNHKの番組のひとつ。「その時歴史が動いた」。

どうやら来週スペシャルらしく、これまでの放送で出てきた100人の歴史上の人物の名言がHPに掲載され、人気投票を開催してるそうな☆

過去の人の名言って良いですよね~。ていうか人の話を聞くことって重要だなってことなんですけど。20年ちょっと生きてきただけじゃ達しえない教訓を与えてくれるというか。自分の血肉にしたいです。ここぞという時にそんな言葉達を思い出せる人間になりたいです。おばあちゃんになる頃には自分の人生で得たものを人に伝えられたらいいなとは思いますけど、まだまだ青二才、最初は受け売りだっていいじゃない!

てことで、素敵な言葉にたくさん出会いたい今日この頃。

しかし、100個もあるとどれに投票したらいいか困りますねー。

でも、好きな番組が存続するように、企画には乗っていきますよ! 視聴者のレスポンスって大事ですよね☆

そんなわけであなたもお気に入りの一言に投票どうぞ~☆★

リンク:その時歴史が動いた - 歴史の言葉

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 9日 (金)

小池徹平の眼鏡が…

畜生!!

小池徹平がどうやらソロでMステに出るらしいということを新聞のテレビ欄で知ったので「とうとうウェンツは音楽やめてバラエティに絞ったってことか??おいおいおいおい徹平一人で大丈夫かぁ??」という素直な疑問から、太田総理を見る予定を10分削ってMステを見てみた。

結果。

叫んだ。

「眼鏡ーーー!!!」

…いやー、家族がいないって怖いね。実際に声に出しちゃったもんね。

畜生、似合うじゃないか、眼鏡なしより好感度大じゃないか。(私だけか?) +チェックのシャツにカーディガンにぺたんこスニーカーだもんね…あーなんだそりゃー狙いすぎだよっ。正直悔しいわ。

その上、いつもトークでかばってくれるウェンツがいないという過酷な状況。「はい」「はい」と一生懸命返事する姿をそわそわしながら見守っちゃうじゃないか。「ウェンツは?」とタモさんに聞かれて「絶対今見てると思います」って、お前それで自分勇気付けてんじゃんっ!

で、あの曲だよ。

なに、その歌詞、いつも君がそばにいるのが当たり前で?考えてること全部分かってるのは僕の勘違いかな的な??(うろ覚え)

それってウェンツか!!!

夢に向かっていった君ってのは

バラエティと鬼太郎の撮影に頑張るウェンツへの応援歌か!!!(笑)

…いや、違うけどね。(誤解を招かないように一応ね)

あの舞台セットはナシだとは思うけど、徹平ソロ自体はナシじゃなかったと思う。なんだろう、この子の成長を見守る母の心境。

で、太田総理のお受験廃止提案だけど。。。

おいらもどちらかといえば賛成派。小学生の頃から裕福で勉強のできる子どもだけ篩いにかけられた環境で育ったら、その子は世の中にいろんな人がいるってことを知らない了見の狭い子になっちゃうんじゃないかしら?? そしてその子たちは自分達はできる人間、私立にいけない子は駄目な人間って見るようになるよ。選民思想的なものを植えつけちゃうんじゃないかしら。怖いよーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 8日 (木)

『コリオレイナス』観てきました!

祝! 初しぇいくすぴあ~☆ いや、実は初めてなんです。ちゃんと生で見るの。卒業記念で自分にご褒美って感じで観てまいりました♪

古典って難しいかな、セリフを理解できなかったらどうしようと不安になりながら行きましたが、すんなり見られました☆ 新潮文庫版の脚本読むよりずっと分かりやすい! すごいですね!

翻訳は松岡和子さんという方らしく、筑摩書房からシェイクスピアの新翻訳を出してる方だそうな。プログラムに彼女と東大教授の河合祥一郎さんの対談が載ってたんですけど、nobleってひとつの言葉を「高貴な」ではなく「潔い」と訳すにあたって深い考察がなされてて「おぉ~っ」と思ってしまいました。松岡さん訳のシェイクスピア読もう~。

シェイクスピア分かるようになりたかったんです。教養として知っておきたいなって。松岡訳・蜷川演出のシェイクスピアはとっつきにくさが全然なくて、出演者も芝居をあまり見ない一般の方にも有名な方だし、すごく世間におすすめしたいな~って思いました♪

ストーリーも現代人が見て充分感情移入して楽しめるものです。古典だからわからなそうとかないですよ! 偉そうにする貴族や執政官が気に入らない平民の気持ちも分かるし、自分の頭で考えようとしない意見をコロコロと変える平民を見下したくなる執政官の気持ちも分かる。平民を扇動して気に入らない執政官を失脚させようとする護民官もいるいるって感じ。そして、自分の正しいと思う事を貫こうとして追従する事をよしとしないコリオレイナス…うん、わかるわかる。でも世の中正しいと思う事を頑なに貫くだけじゃ生きづらい…。コリオレイナスの運命に翻弄されっぷりが巧みなストーリーだな~って思いました。ローマを追放されたコリオレイナスが、再び今度はヴォルサイの地で周囲から「殺せ!」という声を浴びせられるシーンは、ローマでの追放の記憶と重なってデジャヴな感じが切なかった…なんでこうなっちゃうんだよ!みたいな!

やー…今更私が言うまでもないけど面白いよシェイクスピア…。すげー。

舞台装置や照明効果は、古典だからなのか比較的シンプル。

でも最初の鏡は知ってても吃驚してひきつけられたけどねー…。客席に照明が当たって、舞台ツラに設置された鏡に客席が映し出されるんです。それを民衆に見立ててる感じ。あれは圧巻。そしてその後ろにそびえる石段もスケールが大きかったです。でも舞台セットが大きく変化したりってことはなかったって意味でのシンプルです。そこに布を広げたり座布団を散りばめたりって技はうまかったな~。

照明は基本生の色が多かったです。役者で勝負!という印象。でもその分、ラストのコリオレイナスの血が吹き出るのはすごく印象的だったなぁ…そしてちょっと怖かった。音も大きかったし。勝村さん顔面に返り血浴びてたし。白い衣装に返り血ってやっぱり鮮烈ですね。

役者さんに関しては~…うぅん、私ごときが何も言えないよ!

やはり白石さん。存在感が神。

唐沢君は(なぜか唐沢君は”君”って感じがしませんか?)お疲れ様と労いたくなりますね。1人だけ段違いに大変…。

吉田鋼太郎さん、「タイタス・アンドロニカス」も観たいなぁと思いました。

そして1番見たかった勝村さん、かっこよすぎるー。蜷川芝居の勝村さんはツボなのかもしれないです…昔は正露丸の人だと思ってたのにな。(笑)

そして幼いマーシアス役のちびっこ君。平民がいっぱい出てくるシーンでは君を目で追ってしまいました。(笑)

彩の国シェイクスピア・シリーズ、次の第17弾は喜劇の「恋の骨折り損」だそうで。これはこれで観たいかもしれない。学生チケットで観れる内に観ておかなきゃ損だなんて今更焦ったりして。

リンク:彩の国シェイクスピア・シリーズ第16弾『コリオレイナス』

    彩の国シェイクスピア・シリーズ公式ブログ

    e+MOVIE 「コリオレイナス」出演者コメント ←白石さんインタビューに答える声まで朗々としていらっしゃいます☆ステキ~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 6日 (火)

ゲットじゃ!!

ゲットじゃ!!
ACIDMAN5thアルバム「green chord」発売☆★

昨日、大学最後のテストが終わったんです。
なんだか感慨深いですが…
これはもはや4年間頑張ったご褒美としか思えない!
ありがとうACIDMAN!

パソコンで見られるビデオデータも入ってるらしいですよ☆
わ〜い♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »